彼はツイン王子

心音(ことね) 40代。二人の子持ち バツイチ シングルマザー。 転職を機に17歳年下のドSでイケメンな彼HAKUと出会う。彼がもしかしたら ツインソウルかツインレイもしれないという、心音の奮闘記。彼とはまだ、お付き合いまでには至っておらず、今までにはない出会いに戸惑いを感じています。ツイン男子、ツイン女子の心境をプログに書き続けます(^^♪

MENU

第42章 ツインソウル 宇宙に委ねる?

分離期間9週目をすぎて10週目

 

HAKUは彼女と、どおなってるかは、もう分からない。だけれどもも、もし、(失礼だけれども ……すみません💦)偽ツインさんならば、彼女が出来て半年ほどだから、なにか動きがあるかも……( ̄▽ ̄;)的な目で私は彼を見ていた(ㆆ_ㆆ)


f:id:kawo0525:20181215200040j:image

第42章 ツインソウル 宇宙に委ねる?  

 

 

ツイン 心の浮わつき

心音の整骨院通いは、もうそろそろ終わる。

HAKUから逃避して、整骨院を心の拠にしているのも、宇宙にはバレバレ( ̄▽ ̄;)

 

心音のお気に入りの院長の施術から、サブスタッフに、担当が変わっていたり、院長が休みだったりと、タイミングが合わなくなった(´・ω・`)

 

宇宙から、もうよそ見するのはおしまいだよ!という声が聞こえてくるような気がした。

 

私はまだまだ、外の世界に幸せにしてもらおうとしている。

整骨院の院長が、面白いことをいって、笑えたことが癒しになって、HAKUに対する苦しい気持ちに向き合えず、また、そのような癒しを求めに行った。

 

私は自分で自分のことを楽しませたり、癒したり、まだ出来ない。

 

1人になると、自分がとても小さく、無価値に感じた。

 

心音が、浮ついた行動を起こしていたら、

HAKUは、あの人気の人妻さんと、研修を計画していた。意図的にではないが、何となく、HAKUは、彼女を選んでいたように感じた。

 

私は愕然とした。il||li _| ̄|○ il||li

 

嫉妬したヽ(#`Д´)ノ

ものすごく嫉妬したヽ(#`Д´)ノ

 

浮ついた行動、そこも鏡となるか?

 

負の感情とデトックス

 

HAKUへのヤキモチ(•∧•)シュン。。を切り口にして、一気に負の感情が吹き出してきた。ものすごく辛い。ちょうどHAKUが休みの日だったから、私だけの感情の問題になる。

 

なんだこの負の感情は?

勤務をしながら、心音は鉄の仮面をかぶった。仕事やる気なし、人間やる気なし、何もする気なし、の状態で通常の業務を行っていた。朝から、夕方ぐらいまで、ずっとテンションが下がりっぱなしで、自分でも、どうして重いのか、分からなかった。

 

いよいよ精神的におかしくなってきたのか?

イライラもした。更年期か?

 

夕方明けぐらいから、何となく、気持ちが回復してきた。

 

天の声?ハイヤーセルフ?

帰り道、車を運転しているとき、よく呟いている。今日のあの負の感情は、なんだったんだろう?私、大丈夫なのかな?ネット見すぎで、ツインソウルの情報で、洗脳されてるのかな?

 

誰にも理解されない悩み、ツインソウル。

 

私とHAKUの二人の間に訪れる経験と、変容。しかも、私だけの妄想劇なのかもしれないと言う不安。

でも、HAKUに会うと、そんな悩みも、何処かに消えてしまう。一瞬で癒される存在。ただそこにいるだけなのに、辛いことも、忘れている。

 

だから、また、同じことばかり繰り返している。私たち。馬鹿みたいに(゜∀。)ヶラヶラ

 

私は心の中の心音さんに問う。

私、大丈夫なのかな?

心音「大丈夫だよ。心音を愛してる。心音を愛してる。愛してる。ずっと愛してる。」

 

心の中の心音さんは、とても優しく私に勇気づけてくれた。そして、大きな温かいハートで、私を包んでくれた。

 

自分で、自分を愛するとは、こういうことなのか?不思議な感じだったが、安心した。

 

単に独り言を言っているような気もしたが、私のことを1番理解しているのは、私。

 

もし、心の心音さんの声が、ハイヤーセルフまたは、天の声ならば、私は最強になれるような気がした。

 

HAKUの変容

 

分離期間10週目なのだが、私が、全てを宇宙に委ね始めた頃から、HAKUが私を避ける行動がなくなった。

 

私も、意識して避けることをやめた。人気の人妻さんとの研修計画も、はいっているが、もはやその事も、HAKUが研修をしやすいならば、それでもいいやくらいの感じ。

 

HAKUは来年の私の仕事を少し手伝ってくれると、久々に、言ってくれた。

 

HAKU 「あの、来年この業務、やっときましょうか?(ㆆ_ㆆ)」

心音「えっ(°д°)いいんですか?」

HAKU「いいですけど、心音さんやりますか?休み明けですよ(ㆆ_ㆆ)」

心音「あっ、そうですね、まだ、何もやってないんですが……( ̄▽ ̄;)、あっでは、

お願いします~(*^^*)↑↑↑」

 

心の中はまだまだ分離期間だけれども、いろんな執着が消え、再度HAKUと少しづつ接触出来るようになってきた。

 

約3ヶ月ぐらい、経過していたかな?

少しづつ、本当に少しづつだけど、話せるようになっていたような気がする。

 

HAKUの(`L_` )クククっていう笑い声を久々にマジかで聞いた。

 

最近HAKUの表情は、本当に穏やかになった。笑っている時もあった。砕けている時もあった。

 

HAKUも、変わって来ているように思えた。

 

引越し

 

分離期間に入り、頭の中はHAKUのことばかりで、一喜一憂していた。天国と地獄。分離期間の間は辛いことの方が多い。

 

人生でも、数少ない転機の引越しが、その3ヶ月の期間に行われていた。

 

家を買う買わないの話から、物件が決まり、お金の準備から、引越しの手続きそして、移動。

 

私が悩んでいる間に全てのことが終わった。

 

私の母と兄妹が全てのことを行ってくれていた。

 

私は足の負傷、仕事、子供のお世話と、何よりも、HAKUのことで、精神的に激動していたので、本当に何もできなかった。

 

自分とは、なんて、ちっぽけなんだと、痛感させられた。と同時に、家族の皆に感謝しかなかった。自分が率先して、何でもできると思っていたのに、その概念すら崩壊した。

 

何も出来ない自分。

 

私ができることは、ただ皆を愛し感謝することだけ。ありがとう、ありがとう。

 

心音の恋は続く

 

お読みいただき、ありがとうございます♪

感謝━━━(≧∀≦人)━━━感謝

 

f:id:kawo0525:20181130024726g:plain人気のブログランキングを紹介f:id:kawo0525:20181130020935g:plain

f:id:kawo0525:20181130021712g:plainf:id:kawo0525:20181130021503g:plain 恋愛ブログ

f:id:kawo0525:20181130021712g:plainf:id:kawo0525:20181130021503g:plain年の差恋愛(女性が年上)ランキング

f:id:kawo0525:20181130021712g:plainf:id:kawo0525:20181130021503g:plainソウルメイト・ツインソウルランキング

f:id:kawo0525:20181130021712g:plainf:id:kawo0525:20181130021503g:plain恋愛人気ブログランキングへ

 

 

心音のおすすめ恋愛コミュニティ♪

blog.twinray1111.xyz