彼はツイン王子

心音(ことね) 40代。二人の子持ち バツイチ シングルマザー。 転職を機に17歳年下のドSでイケメンな彼HAKUと出会う。彼がもしかしたら ツインソウルかツインレイもしれないという、心音の奮闘記。彼とはまだ、お付き合いまでには至っておらず、今までにはない出会いに戸惑いを感じています。ツイン男子、ツイン女子の心境をプログに書き続けます(^^♪

第24話 【ツインソウル】心音の反抗期?

 

初めてお越しくださいましたゲストの皆様へ

星の数あるブログの中で心音のブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

心音の実体験をもとに、ツインソウルについての物語を連載させていただいております。今年の7月からの連載になっております。途中から読まれても恐らく、ちんぷんかんぷん???な内容になっていることが事実かと思われますので、もしよろしければプロローグをご参考にしていただけると、いろいろご理解しやすいかと思われます。

まったくど素人の私で、無礼極まりないことも多々あるかと思います。少々広いお心でお見守りいただければ、幸せに思います♪どうぞよろしくお願いいたします。

 

blog.twinray1111.xyz

 

 

 

 ブログランキングに参加致しています(*˙︶˙*)☆*°もしよろしければ、ぽちっと応援宜しくお願いいたします (^_-)-☆ 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ 
にほんブログ村

 

 こんにちは心音です(*˙︶˙*)☆*°
いつもお読み頂き、ありがとうございます♪

f:id:kawo0525:20180929232240j:plain

 

 

ブログランキングに参加致しています(*˙︶˙*)☆*°

もしよろしければ、ぽちっと応援宜しくお願いいたします (^_-)-☆

 
にほんブログ村

 

ブログの更新が暫くぶりになってしまいました。

その間 HAKUとかれこれ4日会っていない。嫌いな木曜日、HAKUはお休みをとって、3連休私は水曜日が休みだから。4日間会わなかった。

 

私は会わなくてもいいと思った。

いろんな感情を少しずつ、時間の経過とともに、癒されていくだろう。

彼のいない間に、少し気持ちもおさまると思った。

仕事に集中し、山積みになった仕事も消化しないといけないし、いろんな課題(宿題)もやっていかなければならないし、会社では、お客様と向きあい、そこに私自身の愛を注いでいこうと思った。すぐには気持ちが収まらないので、音楽を聴いたりして、気を紛らわした。

 

 スポンサードリンク

 

 さてさて、前回のブログはこちら↓↓  

 

blog.twinray1111.xyz

 第24話 【ツインソウル】心音の反抗期?

 
超機嫌が悪いんですけど・・・・

私、超機嫌が悪い。いろんな思いがよぎる。

火曜日出勤した時、制服の色が異なっていた。そして、無視。あいさつも、うなずくだけ。もういいやと・・・・一瞬思った。会うまではとても切なく、愛おしく思っていた気持ちが、さっと引き、溜息と、不機嫌な私の感情を彼は引き出していた。

 

彼に彼女の存在を感じてから、接点を持たないように、していたのが、やっぱり勘のいい彼にとっては、うすうす感じていたのだろう。もういいよ。HAKUが幸せなら。もういいよ。とはおもってみたものの、私の感情は嫉妬で燃えていた。

自分が無価値のに思えた。他の若い人らが、とてもかわいく、きっと男性は皆、若くて、可愛らしい子を選ぶんだ・・・・(あたりまえだけど・・・泣き)。私はある程度の年齢になっているから、この変な感情を誰にも見せられない。ちょっと変な感じだけれども、なんとか、自分で解消していかなければ・・・・ここ最近は特に、そう思っている。お客様に向ける。笑顔もちょっと引きつり気味(;´・ω・)

鋭いお客様は、察してこう言ってくださる。

「あなたは、ときどき、すごく悲しい顔をしているね。人生いろいろあるかもしれないけれど、頑張ってね」と。神だ!仮面をかぶっているつもりなんだけれど、ピエロみたいな仮面。心で泣いていても、笑っている顔。そう務めている。

反抗期の息子と更年期のママ

ツイン系のブログを拝見していると、自分と向き合うことがよく書かれている。

一人でも自分に愛を注げるようになると、寂しくない。と書かれている。

確かに、好きなことをしていると、寂しくない。でもでも、ずっと一人だとやっぱり寂しいよ。私はただでさえ,SNSとかあまりしないタイプだから。友達と遊びにいくよりも、家にいてゴロゴロ子供と遊んでいたほうがどちらかというと好きだから。予定なんてないし・・・・

数日間そんな気持ちで、たぶん、いろんな気持ちを無理やり整理しようとしていたんだと思う。今日朝起きたら、私はものすごくイライラしていた。

 

朝ごはんを子供たちに作って、出勤するところだった。

中3のちょうど反抗期の息子が朝食にケチをつけてきた。味が薄いだの、まずいだの・・・・私もイライラしていたので、ちょっと強く口答えをしていたら、ますます私の感情を逆なでするような言葉が飛び交い、お互い感情むき出しの喧嘩になってしまった。

 

私はそのけんかを引き金に、今日は朝からかなりイライラが激しく、もう、何もかもが嫌になった。神様は私に何をさせたいのか、なぜ、こんなつらい感情が取れないのか、そして、私は何を学ぶべきなのか、わからなかった。

 

ツインレイ・ツインソウルの言葉に出会ったとき、私は、神様に感謝した。

ずっと いろいろ辛い期間をすごして、親のお金の問題を時間をかけて解消し、シングルで一生懸命子育てをして、働いて、ある程度、人生の大きな山を乗り越えられたような気がしたとき、彼に出会ったから、彼の存在が神様からのとってもとっても素敵なプレゼントなのかもしれない!と思ったことがあったから。

ツインだったら、どんなに幸せなのだろうと。唯一無二の存在。愛し合う二人。強い絆で結ばれる二人。過去生で約束をして、今世で出会った二人。真実の愛。どんなに幸せな存在なのだろうと。思い描いていた。

 

不機嫌な原因がわからない

 私はずっと不機嫌だった。その原因が自分自身でよくわからなかった。子供と喧嘩をして、自分の存在ってなんなんだろう・・・と感じた。家出したい気分。私って、偽善者なのかな?とか、冷たい心もあるし・・・もういっそのこと、ぐれてやる。心音ママの反抗期だった。正直、息子とのけんかで感情が逆なでされたとき、お皿を投げそうになるところまで感情がヒートアップしていた。きっと第3者の私の実ははの仲裁がなかったら、私はお皿を投げつけて、パリーーーンと割っていた。まずい・・・・

なんだかイライラする。私は何に怒っている?HAKUの彼女に対しての嫉妬なのか、HAKUのよくわらない態度についてなのか、はたまた自分への歯がゆさなのか、答えの見えない不安なのか、そして、無理やり自分を抑え込もうとしているストレスなのか。

わからなかった。

HAKUのいない4日間は、思ったよりも、むなしく、やっぱり、HAKUによって、エネルギーの補充ができていたのかな?などともおもった。逢いたい・・・・・ 正直やっぱり逢いたかった。

と思ったところに、私の斜め前に座っていた男性スタッフのもとへ、HAKUからラインが入った。明日の出勤時間についての問い合わせだった。

 

勘のいい私は、さっき逢いたいとおもったばかりなのに、また、その出来事で、感情がネガティブに変わった。シフト表家にあるでしょ。ラインで聞いてくるって、外にいるからでしょ。家に帰ってないからでしょ。彼女といるんでしょ。お泊りなの?もう嫌だ!僕は嫌だ!(不協和音てち風)

もういろんなことが、嫌になった。どうして、そのラインさえ、知らなければ、こんな気持ちにならないのに、なぜ、私にその情報がはいるのだ!神様のいたずら?

明日はどんな顔をして、会えばいいの?彼女とラブラブなら、もういいよ!

 

そのやり場のない気持ちのまま、たまたま、休み時間に入ったので、エクササイズをしているスタジオにはいっていき、私は筋トレの仲間に交じって、ちょっときついエクササイズをした。

 

もやもやしていた気持ちが、自分を筋トレで追い込むことによって、癒されてきた。超気持ちいい~。もしかして、これいいかも。私、筋トレすきだったのかな?腹筋、スクワット、ランジ・・・大きな筋肉をトレーニングをすることが、とても気持ちよかった。もやもやした時は、筋トレしよう!今後の私の感情対策をこれでしていけるかも…とそう思った。私はやっぱりM?

息子と仲直りからのドSに返り咲く心音

 いろんな感情で、それを仮面をかぶりながら、無事勤務を終え、帰宅。朝食で息子に超ディスられていたから、夕食はやるきがない。一応昨日準備しておいたお鍋。食材を切って、盛るだけ。をしようと思っていた。帰宅したら誰もいない。息子は部活に行っていた。誰もいない家の中で、静かに夕食の支度を終え、ゴロゴロしていた。

 

息子から、ラインが入った。まだ怒っているのだろうと、おもっていたから、1行の返事だけで答えた。迎えに来てほしいとのことだった。はいはい・・・

夕飯は鍋 しかも手抜き。息子からのラインには

「いっぱい食べたい!」とあり、「鍋だよ」と答えたところ。

「いいね・・・・」とか、「最高!」とか、送ってきたから、私は、ずっと怒っていたんだけれども、「しょうがないな・・・」みたいな気持ちに代わってきた。

息子を車で迎えに来て、怒っていたら、後ろの座席にのるだろうな・・とおもって、このばつの悪い空間をどうしたらいいのか、考えていたら、すすっつと隣の助手席にのってきて、楽しそうに会話を始めた。

おい!まじかよ!ママはまだ怒っているぜ!

車の中が真っ暗だったので、私の怒っている顔も見えなかったせいか、息子は話を続けた。

私「あの~まだママは怒っているんですけど!」

息子「えっつ なんで?」 

だって・・・・あきれる!ママは一日中どんな感情で過ごしてきたんだとおもいますか!男の子って、可愛いね。あきれてしまいますよ。

息子とのコミュニケーションもいろいろ不足していたと思っていたので、話をよく聞いて、そして、朝食の時のヒートアップした感情のことや、食べ物に対しての大切にする気持ちなどをわかってほしかった。と話をしたら

息子「ママのことは大好きなんだから、わかったよ!」

と、夕食後、肩もみをしてもらった。

私は、息子と仲直りができてうれしかったし、超仲良しに戻った。

 

ここ数日間 私はぷんぷんしていた。そして、ツンとして、粋がっていた。もしかして、私って,Sなのかな?そう感じたので、ググってみた。

 

ドS女性の特徴

自由、中性的なルックス
プライドが高い
言動が厳しい
指示されたくない
にやりと笑う
自分のペースで何でもしたい
意外と傷つきやすい

ほめられるとよろこぶ

頼られたい 

エスコートされたい

 

 わたし、全部当てはまる(;´・ω・)。私はドS。私、ドMになろうとしていたんだ。可愛く、従順な、おとなしく。けなげな。みたいな。

 

確かに家では娘は私以上にドSだから、私はMになるけれど、私たちドS同士だ!ということに気が付いてしまった。ドM気質の当てはまらない箇所が一つあった。それは、Mの人は褒められてもなんとも反応しない。という点だった。私は、ほめられると有頂天になる。息子が甘えてくると、しょうがないな…といって、面倒を見たくなる。Mの仮面をかぶろうとしていたのが、窮屈だったのかもしれない。

私は、Mの仮面を脱ぎ捨て、家の中で女王様になった。思ったことを言い、子供たちに伝え(怒ってではなく)。今こうしたい、とか、こう思っている。とか、こうしてほしいとか、そういったことを、すべて感情の赴くままに。そして、 自分らしく、このままでいい。猫かぶりすぎていた。たぶんそんなことも息苦しかったのかな…

自分ではない、HAKUの好みのM女になろうとしていた。

HAKUの彼女はきっとドMだ。HAKUと私はツインではなく、ドS同士。なのかもね。

少し気持ちが落ち着いた。明日はHAKUに久々に会う。HAKUがドン引きするくらい、自分を出せる関係になれたら、信頼感だけでもつなぎとめられるかな?引いちゃうかな?HAKUが幸せならば、それでいい。やっとそんな気持ちになれた。ありがとう。

心音の恋はつづく・・・・

 

  スポンサードリンク

 

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。
皆様にたくさんの愛が届きますよう、願っています。

 

にほんブログ村 ソウルメイト・ツインソウルPVアクセスランキング にほんブログ村