彼はツイン王子

心音(ことね) 40代。二人の子持ち バツイチ シングルマザー。 転職を機に17歳年下のドSでイケメンな彼HAKUと出会う。彼がもしかしたら ツインソウルかツインレイもしれないという、心音の奮闘記。彼とはまだ、お付き合いまでには至っておらず、今までにはない出会いに戸惑いを感じています。ツイン男子、ツイン女子の心境をプログに書き続けます(^^♪

第17話 【ツインソウル】嫉妬かも?

 

初めてお越しくださいましたゲストの皆様へ

星の数あるブログの中で心音のブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

心音の実体験をもとに、ツインソウルについての物語を連載させていただいております。今年の7月からの連載になっております。途中から読まれても恐らく、ちんぷんかんぷん???な内容になっていることが事実かと思われますので、もしよろしければプロローグをご参考にしていただけると、いろいろご理解しやすいかと思われます。

まったくど素人の私で、無礼極まりないことも多々あるかと思います。少々広いお心でお見守りいただければ、幸せに思います♪どうぞよろしくお願いいたします。

 

blog.twinray1111.xyz

 

 

 

 ブログランキングに参加致しています(*˙︶˙*)☆*°もしよろしければ、ぽちっと応援宜しくお願いいたします (^_-)-☆ 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ 
にほんブログ村

 

こんにちは心音です(*˙︶˙*)☆*°
いつもお読み頂き、ありがとうございます♪

 

 ツインレイ・ツインソウルのブログランキングに参加致し、只今、ランキング急上昇中(*˙︶˙*)☆*°

本当にありがとうございます♪感謝感謝です。

参加ランキングは 

↓↓こちらのバナーをクリックしてね♪↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

にほんブログ村

 

HAKUとまた3日間 会えない。

HAKUがお休みのの間は仕事に励む。

HAKUのいない間にも、いろんな葛藤がある。

本日はそんな葛藤している思いを、書いてみようと思う。( ̄^ ̄)

 

 

前回のブログはこちら blog.twinray1111.xyz

第17話  【ツインソウル】嫉妬かも?

 若い女性スタッフへの焼きもち

彼が休みの時はやっぱり、テンションが低くなる。いない間も葛藤が続く。

 

職場の若い女性スタッフが、ちやほやされているのを見ると、自分に自信がなくなる。やっぱり彼には、綺麗な若い人と、恋に落ちた方が幸せなのかな~と、思ったり。

彼はあまり、ほかの女性スタッフに声をかけることはない。もっぱら業務連絡のみ。

若い女性スタッフは、皆、スタイルもよく、ルックスもいい。

私が焼きもちを焼いていまうのは、人気の人妻さん。本当にいい人で、小さな子供がいて、なんだか、健気で、いかにも男性から見ると、おそらく守ってあげたくなるようなタイプ。まさしく癒しのタイプ。

悪い所がない( .. )

誰にでも、気やすく話をするので、話をしている間は、世の男達はデレデレな笑みを浮かべている。

私はそれはそれで、皆幸せならいいんじゃないかな……とも思える。

ところが、私が1度HAKUが、笑みを浮かべて、彼女と話している所を通りすがりに見てしまったことがある。

私達は付き合っていないし、お互いの気持ちなども、確認し合った様な関係でもないのに、「やばい😱」 という HAKUと彼女の瞬間的な表情を私は感じてしまった。

 

HAKUから彼女に業務以外で話しかけることは無い。おそらく、彼女から、分からないことを質問したり……といった流れだと察した。

私がショック😱だったたのは、HAKUが、うっすら笑みを浮かべて、話していたことだった。

 

あっ、他の人とも、こうして話すんだ……

私にだけかと思っていたから、私は、自分の表情を悟られないように、素通りした。

 

彼女と話して楽しくて、幸せなら、それでいいよ(´._.`)

 

その日から、HAKUがその彼女と事務所にいる時は私はそっと姿を消した。私がいない方が、話しやすいから。私もそんな現場をみて、焼きもちを焼きたくないから……

 

だから、その日から、彼と彼女が近くにいる現場は見ないことにした。

 

HAKUはイケメンだから、他のスタッフもあえて彼に親切にお世話をすることがあるけれど、私は彼女ではないから、どうぞ、お好きにしてください。と思っている。

 

私には もう、本物の愛しか、いらないから

 

ツインの信念を信じている。

もし、本当にツインだったら、

私達は決してブレない。そう信じている。

 

もし、ツインではなく、ブレてしまったら、

それはそれでもいい。その人の人生だから、その人が選んだ選択が、幸せならばそれでいい。

 

でも、もしそれが、真実の愛ならば、

それは、私がずっと求めていたもの。

 

私は勝手に焼きもちを焼いているけれど、

私の方が、他の男性スタッフと話をしていて、にやけている事の方が多い。愛想笑いというものだが、恋愛感情は彼以外全くない。仕事上の情報交換を上手く引き出しているだけ……でも、彼も嫉妬しているのだろうか?

 

彼がいる時はあまり、他の人と話さないようにしているけれど……( ̄▽ ̄;)

 

HAKUと話すのを遠慮している彼女

HAKUと健気な人妻さんの彼女が話をしている所を偶然目撃してから、彼女は、HAKUと話すのを遠慮している。これもおかしなこと。まるでHAKUの彼女が私だと、断定している遠慮の仕方だ。

私達はまだ、そんな関係ではないのに……

 

だから、好きなようにしてて、いいんです。

私の勝手な焼きもちなのですから……( ̄▽ ̄;)

 

でも、HAKUも私の前では、他の方と、

話さなくなった。

私の表情、悟られたかな……( ̄▽ ̄;)

それとも 誠意を見せてくれているのかが、全く分からないけれと、そうだったら、嬉しいなf^^*)

 

彼を独り占めしたい。

気持ちだけはある。

でも、私が独り占めしたところで……

とまた、ネガティブワールドに入り込む。

あの健気な人妻さんの彼女が、目の前に現れて、微笑む度に、私は、こんなに素直になれない⤵︎と、自信がなくなる。

消えたくなる(T ^ T)

 

 

自分を思いっきり愛せるようになること

自分に自信がなくなったり、消えたくなったり自分のことが無価値に思ってしまうこと、これには深い心の癒しが、必要だということを、とある素敵な女神様に教えて貰ったことがある。

それはインナーチャイルドを癒すということ。私の場合、原因が、父が家を出ていった時に刻み込まれた。「私は捨てられたんだ」と言う深い傷を癒していくこと。

この治療(癒し)と向き合って行かないと、恐らくHAKUとたとえ付き合ったとしても、上手く行かなくなる。との事なのです。

そして、再び別れを選択してしまう。このループから抜け出せない。ということを教えて頂きました。

 

自分を許す気持ち。認める気持ち。

どんな自分でも大丈夫だから、

どんな自分も大好きだから、

可愛いよ、素敵だよ。

心の奥に隠れている、怖がっている

小さな自分に寄り添い、

寂しかったね、辛かったね、

悲しかったね、本当によく頑張ったね

と共感して、泣いて、

そして、ギューっと抱きしめて、

いっぱい愛を伝えて、いっぱい愛する。

 

自分の子供達を愛情深く育ててきたように、

自分の心の中の小さな自分にも愛情を注いで行こう!そうすると、なんだか、また自分の中から愛が溢れてくるような気がする。

温かい愛。

愛ってこんなに温かく、ポワンとしてるんだ(*´`)

HAKUからも、同じような愛の形を感じたことがある。目に決して見えないけれど、

感じられることがあった。

HAKUに教えてもらった。

 

明日から、また、頑張ろう!(^-^)V

なんだか元気が出てきた!(*˙︶˙*)☆*

 

子供が、寝静まってからのブログ更新をしたかったので、真夜中になってしまった。

 

 本日も、お読みいただき、ありがとうございました。

 

 追伸

ツインレイ・ツインソウルのブログランキングに参加致しました(*˙︶˙*)☆*°

サイレント期間(私はまだ経験していないのですが・・・)の方、彼との関係をお悩みの方、ランキングにブログリには沢山の勇気と癒しをいただけます。

どうぞお立ち寄りくださいませ(ㅅ´ ˘ `)

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング 

皆様にたくさんの愛が届きますよう、願っています。

 

心音より  愛をこめて。