彼はツイン王子

心音(ことね) 40代。二人の子持ち バツイチ シングルマザー。 転職を機に17歳年下のドSでイケメンな彼HAKUと出会う。彼がもしかしたら ツインソウルかツインレイもしれないという、心音の奮闘記。彼とはまだ、お付き合いまでには至っておらず、今までにはない出会いに戸惑いを感じています。ツイン男子、ツイン女子の心境をプログに書き続けます(^^♪

第15話 ひとつになりたい症候群

 

初めてお越しくださいましたゲストの皆様へ

星の数あるブログの中で心音のブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

心音の実体験をもとに、ツインソウルについての物語を連載させていただいております。今年の7月からの連載になっております。途中から読まれても恐らく、ちんぷんかんぷん???な内容になっていることが事実かと思われますので、もしよろしければプロローグをご参考にしていただけると、いろいろご理解しやすいかと思われます。

まったくど素人の私で、無礼極まりないことも多々あるかと思います。少々広いお心でお見守りいただければ、幸せに思います♪どうぞよろしくお願いいたします。

 

blog.twinray1111.xyz

 

 

 

 ブログランキングに参加致しています(*˙︶˙*)☆*°もしよろしければ、ぽちっと応援宜しくお願いいたします (^_-)-☆ 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ 
にほんブログ村

 

こんにちは心音です(*˙︶˙*)☆*°
いつもお読み頂き、ありがとうございます♪

 

HAKUとの研修が終わり、私はHAKUと急接近しているように感じた。

HAKUと二人きりで過ごした90分は本当に、あっという間に過ぎた。

HAKUのことが どんどん好きになっていくぅぅぅぅ。

 

 

前回のブログはこちら↓↓

blog.twinray1111.xyz

第15話 ひとつになりたい症候群

 [:contents]

  

好きな人ができたら、誰でも、一緒にいたいと思ったり、チューしたいとか、エッチしたいとか、やっぱり思うんではないかと思う。

~過去の恋愛話 偽ツインレイと出会っていたかも~

今までの恋愛では、結構 早くお誘いがあったり、ご飯食べに行ったり、大体2~3回のデートで うふふ💛の時間がおとずれた。

 

でも結婚してからは、やはり、声かけるほうも、声かけにくかったり…

世間体などというものがあるから、人のうわさも、面倒くさかったり…

不倫などは、職場などでも大変なことになるから、よっぽどではないかぎり、お互い軽い行動をとれないんじゃないかと思う。

 

元旦那さんと別れてかれて、シングルになってからも、すぐに彼氏ができることは、私にはなかった。

心を癒すのに随分の時間がかかった…

子育てもとっても大変だったし、愛情はすべて子供へと注がれた。

子供がかわいくって、彼氏どころの騒ぎでは、私の中ではなかった。

 

子供が少し大きくなったころに、

私を探していたと、20年ぶりに再会した。男性がいた。

彼は私に愛を告白してくれたが、既婚者であった。

彼は精神的に病んでいて、最終的には私に依存という形で、

数か月会うこととなった。肉体関係にもなった。

好きな感情もあった。変な話だが、体の相性もばっちりだった。

でも・・・・私はどんどん苦しくなって…

私も病みそうな精神状況になっていった。彼はうつ病だった。

エネルギーがどんどん吸い取られていくような、そんな存在だった。

とても私のことを大事に想ってくれていたのだが、私はそれ以上、

その彼を愛することができなくなった。

私から彼に別れを告げることはなかったが、彼の奥様に私たちの関係が

ばれて、とても恐ろしい言葉を投げてきた。

彼の奥様もまた、わたしの古い友達であった。

とて泥沼化しそうな状況になってきたので、彼はある日突然、

私のもとを去って行ってしまった。でも、私は、それでよかった。

今思うと、偽ツインレイだったのか・・

なんとなく、そういう感じがした。

~偽ツインレイと真ツインレイの違い~

それから5年ぐらいの時間が過ぎ、今のHAKUと出会った。

 

ツインレイの情報をいろいろ 研究していくと、偽ツイレイと出会った後に、真ツインレイとの出会いがあるらしいこと

も記載されている。

 

HAKUとはまだ付き合っていないので、

HAKUとの体の相性や、リビドーといわれる性衝動などもまだわからない。

 

私のまだ浅い経験からなのですが、

HAKUに出会って、HAKUの行動が

私にとって、とっても温かい愛のように感じる時がある。言葉で気のあるようなことは、全く言わない。話をしていても、プライベートなことは一切言わない。

 

でも、なにか細かいことを先回りして、手伝ってくれたり、配慮してくれている。そういう行動をよくしてくれる。

もしかしたら、偶然そうなって、(意図的ではなく)いるのかもしれない、

けれど、根っからのポジティブな私の思考は、私の為そう行動してくれているのかな??とおもうと、胸がぽわ~んと、温かくなります。

勝手に愛されてるな~ と幸せな気持ちになります。偽ツインの場合 本当に苦しくなっていきました。彼は恐らく、もう、戻ってくることはない・・・

~女性ツインのテーマ~

HAKUと個人的な連絡はとっていないのは、まだ、私に準備ができていないと、私が思っているから。

また、HAKUに彼女がいたりして、

HAKUをそのまま、そっとしておきたいという気持ちも、私の妄想の中にある。いつか別れるという前提で、HAKUと深い関係になるのは、つらい。だから、この距離のままで、もう少し・・・

私なりの、準備をしてみようと思っているから。。。。

この準備が果たして、HAKUと統合できるという、道であるのかも、まだわからないけれど…いまの 私自身の課題である、精神的自立と経済的自立。そして、自分自身を愛すること。そんなテーマを自分なりに、頑張ってみたいと思っている。 

~そしてひとつになりたい症候群~ 

HAKUのファーストアプローチで私の中の何かが覚醒し、そのころから、チューしたい症候群が始まった。

ユーチューブでもキスシーンをガン見して、妄想した。エッチシーンというよりも、キスシーン。

HAKUは王子様。いつの日かを夢見て…

 

前回の研修のなかで、再度手を触れるシーンがあった。私はベットに横になっているHAKUと手を合わせた。

本当は手を 合わせた後、すぐに離して、という状況だったのだが、私は気づいていないふりをして、ずっと手を合わせていた…えへへ


HAKUと私の手 ちょうど同じくらいの大きさだった♪

HAKUは超真面目なので、ちょっと怪しい研修中でも、決して、

それ以上のことはなかった。とても紳士だった。

 

私たちがツインだと感じるのは、ひとつになりたい、そいう気持ちがずっとある。ということ。

もしかしたら、私だけかもしれないが、

一緒にいたい。そして、ひとつになりたい。もちろん体を重ねたい。もある。

でも今までの、恋と違うのは、彼がどんなプレイをして・・という妄想ではなく、彼の優しい愛に包まれたい。

という、とっても綺麗な妄想。

美しい、シチュエーションなんです♪

 

彼が休みでかれこれ3日も逢っていない。

もうそろそろ、エネルギー切れ・・・・

今までの恋は、好きな人のことは、会っていないとき、結構忘れていたりした。

でもHAKUは常にいる。

一緒にいるのではないけれど、常に頭の片隅にいる。

そんな感じ。もちろん、忘れている時間もあるけれど、今、何しているのかな?とか、考えたり。HAKUのくスクスって、笑った顔思いだして、にやりとしている。

 

明日も会えないけれど、あさって会える。いつもムスッとした彼。いつもどこかシしぐさが、シンクロしています。

彼は気づいていないかもしれないけれど、私には気づいている♪

 

 

ブログランキングに参加致しました(*˙︶˙*)☆*°

ポチッと クリックをお願いします(ㅅ´ ˘ `)

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村

  

本日もお読みいただきありがとうございました。

皆様にたくさんの愛が届きますよう、願っています。

 

心音より  愛をこめて。