彼はツイン王子

心音(ことね) 40代。二人の子持ち バツイチ シングルマザー。 転職を機に17歳年下のドSでイケメンな彼HAKUと出会う。彼がもしかしたら ツインソウルかツインレイもしれないという、心音の奮闘記。彼とはまだ、お付き合いまでには至っておらず、今までにはない出会いに戸惑いを感じています。ツイン男子、ツイン女子の心境をプログに書き続けます(^^♪

第1話 プロローグ(久々の恋)

 

初めてお越しくださいましたゲストの皆様へ

星の数あるブログの中で心音のブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

心音の実体験をもとに、ツインソウルについての物語を連載させていただいております。今年の7月からの連載になっております。途中から読まれても恐らく、ちんぷんかんぷん???な内容になっていることが事実かと思われますので、もしよろしければプロローグをご参考にしていただけると、いろいろご理解しやすいかと思われます。

まったくど素人の私で、無礼極まりないことも多々あるかと思います。少々広いお心でお見守りいただければ、幸せに思います♪どうぞよろしくお願いいたします。

 

blog.twinray1111.xyz

 

 

 

 ブログランキングに参加致しています(*˙︶˙*)☆*°もしよろしければ、ぽちっと応援宜しくお願いいたします (^_-)-☆ 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ 
にほんブログ村

 

はじめまして 心音(ことね)と申します。本日から、ブログを開始しました。今までにない 恋に落ちてしまったのかもしれず、心の置き場がなく...とにかく、ブログという形で 書き出すことによって、何か癒されるような気になるかもしれないと、そういう衝動にかられ、ブログをはじめました(/-\*)

年齢差の身分の違いありの二人の愛がその生涯を超えて結ばれることができるのだろうか… 心音の心の葛藤を恋愛小説風に描き続けていきます♪

 [:contents]

プロローグ

登場人物

主人公 :琥珀(こはく)29歳男性 独身 イケメン ドSキャラ

主人公の琥珀は若手の優秀な社員。しかし若干のコミュ障(コミュ障とは実際の障害とは関係なく、単にコミュニケーションが苦手な人をいう・・・)。普段は無口で静かにもくもくと、仕事をこなす性格。高貴で紳士な雰囲気を装うが、気分やで不愛想なことも多い。

 

ヒロイン:心音(ことね)47歳女性 バツイチ シングルマザー 

ヒロインの心音は過去にマリンスポーツでも日本代表選手になるほどの実績をもつ、才能ありきのアラフォー女子。しかし、自分の才能を自分自身で認めきれず、職を転々とかえる。ちょっぴりスピリチュアルな不思議な女性。おっとりしていて、まぬけな雰囲気なのだが、自分では超スプリンターで、敏捷性の能力は人よりも長けている。と自慢している。天然キャラ。動物と子供にはとても懐かれる。

 

出会いは心音が転職をした職場。心音は子育てと仕事を両立させるのに適した環境と条件を優先にしながら、仕事を転々と変えてきた。

子供も成長し、ようやく落ち着いた仕事に就こうと、アラフィフに近いながらも本職のマリンスポーツを主とした社会貢献度の高い会社の正社員として採用された。

心音は過去の実績(栄光)を手にしているため。それを印籠のように、いくつもの会社の採用をてにしてきていた・そして、アラフィフでも今の職場に採用されることができた。

職を転々としてきたなかで、心音は自分の能力を生かして、社会貢献したいという気持ちが強くなり、最後の職場として、今の仕事を手掛けているところだった。

 

そんな公の場で出会った、琥珀→(以後HAKUとよぶ)。は心音のドズトライクなイケメン男子だった。しかし、ドストライク過ぎるため、逆に近づきがたい、タイプでもあり、自分自身が恋愛の対象になる なんてことは、もってのほか・・・ と思い込んでいた。

そんなイケメンのHAKU がいつしか、心音に優しくなる。

心音の恋愛妄想が日に日にまして行き、心の葛藤が始まる。

年齢差 社会的の立場の差 容姿の差などなど かなりハードルの高い心音恋愛を小説風に描いていきます♪

 

 

第1話 久々の恋かも

そもそも40過ぎの私が とても歳の差のある歳下の男性に恋するなんて... 

バツイチ 子供は2人のシングルマザー ...

傍から見たら、なかなか、恋愛の対象にはならないのでは、と諦めつつ、家族との時間を大切に暮らしていました

 

彼との出会いは、職場

職場 そして、歳下の上司

イケメンでクール 無口

ドSを匂わせる雰囲気

 

去年転職をして、かれこれ 1年が過ぎました

 

彼(HAKU)とは、まだ付き合うとか

そういう関係にない

 

連絡先も登録していないし、

もちろんLINEもしてない

 

彼(HAKU)のことは、かっこいいな~と

遠くで眺めていただけだった